2014年09月

 
可愛いウィルの様子をお届けしたくて頑張って連日更新
 
甘えんBOYの超可愛いウィルの様子、更新していますのでまだ見ていない方は
 
是非前記事もご覧下さい~
 
 
 
 
23日、ウィルをお外で見守りケアし、保護して下さったゆきちゃんママ
 
ウィルに会いに車で片道2時間もかかる実家へと遊びに来て下さいました
 
久しぶりにウィルに会うゆきちゃんママ
 
毎日体拭いたりブラッシングしてすっかりピカピカ男子に変身しているウィル
 
 
 
 
イメージ 1
更におめかししてみましたよ
 
 
 
 
 
ウィルカッコイイ~
 
ゆきちゃんママ、ビックリするかなぁ・・・
 
 
 
 
イメージ 2
ボク・・・ちょっとドキドキするにゃ
 
 
 
 
 
 
 
ウィルったら首輪も全然怖がったり嫌がったりせずビックリ
 
ますますイケにゃんになり、ゆきちゃんママをお出迎えの準備も万端です。
 
 
 
遠い上に渋滞にもあってしまい大変だったゆきちゃんママ、無事到着されて
 
まずは先日保護時に病院で血液スクリーニング検査をされていた結果を見せて下さいました。
 
ゆきちゃんママは去勢手術で5月に保護した時にもスクリーニング検査をやっていて・・・
 
もしも病気とかあったらちゃんとケアしてあげたいから、と。
 
本当に責任感が強く優しいママさん。
 
そしてその後4ヶ月外に居たのでと今回もまたやって下さいました。
 
 
 
イメージ 3
結果ウィルはピカピカの健康優良児
 
 
 
 
 
 
左側が4ヶ月前の結果、右側が今回の結果
 
里親さんになる方にはこの検査結果もお渡しします。
 
過酷なお外で数年生きていてピカピカ健康優良児って素晴らしいです。
 
野良猫さんの平均寿命は2~3年とも言われるのだから・・・
 
その中で命を繋ぎ健康でいられる子は本当に強い子なのかもしれませんね。
 
 
 
 
そしていよいよウィルとご対面~
 
お気に入りの場所でマッタリしていたウィルの元へ
 
 
 
イメージ 4
ウィル、ウィル覚えてる?こんなにリラックスして~
 
 
 
 
 
 
とゆきちゃんママ、とても嬉しそう。
 
ウィル、もちろん全然逃げたりしなくて
 
 
 
イメージ 5
みんなのお話聞いていました
 
 
 
 
 
 
ウィルの話題だもんね
 
そして
 
 
 
イメージ 6
コロンとリラックスして甘えん坊してみせて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
いっぱいナデナデされて
 
 
 
 
 
 
 
ご機嫌なウィルでした。
 
そんな様子にひたすら可愛い可愛いを連発していたゆきちゃんママ
 
本当に嬉しそう幸せそうで見ていて母もねーたんもとても嬉しかったです。
 
 
 
 
 
ゆきちゃんママはウィルをご自分では今はお家に入れてあげられなかったけれど
 
その時ご自分が出来る精一杯の事を全てやり愛情をいっぱい注ぎ
 
ウィルと真剣に向き合っていたのです。
 
ご自分の理想とする形がたとえ全ては叶えられなかったとしても
 
決して選択はゼロか100か、ではありません。
 
希望の形は無理だからと、出来ない理由を並べ立て何も一歩を踏み出さないのではなく
 
ご自分の出来る一歩を踏み出し、一生懸命ウィルと
 
そして関わった他の子達とも向き合っているゆきちゃんママを心から尊敬します。
 
ゆきちゃんママの「一歩」があったからこそ、ウィルの「今」があります。
 
ウィルがマイケル似で気になってしまった・・・
 
もちろんそれも嘘ではないしキッカケではあったけれど
 
そのゆきちゃんママの真っ直ぐな頑張りを何とか繋げないか、という理由も大きく
 
今回ウィルの事を一緒に出来れば、と思いました。
 
ゆきちゃんママが出来ることを全てやって下さっっていたし
 
その先の、今はゆきちゃんママが叶えられない事を我が家では出来る。
 
そうやってリレーする事で、ウィルをアンカーへと繋ぐ事が出来ると思いました。
 
自分一人では時には難しい事でも、誰かと繋がったり助け合ったりする事で
 
出来ること、助かる命があります。
 
ねーたんも今回は母が更に繋がってくれたので「今」があります。
 
ゆきちゃんママはゆきちゃんの里親さんになって下さり、とっても幸せにして下さり・・・
 
それも十分立派な保護活動です。
 
ですが特別に以前から保護活動などをされていた訳ではありませんでした。
 
でも、その後お家の周りの数匹の野良猫さんたちと出会う事になった時に
 
ご自分の出来る一歩を踏み出されたんですよね。
 
保護活動を特別な事の様に考える方も多いですが、違います。
 
昨日までそういう事をされていなかったゆきちゃんママ、もちろんねーたん、
 
そして今はねーたんの母も。
 
みんな気持ち一つで出来る事だと思います。
 
だから皆さんにも出来る一歩が必ずあると思うし、必ず出来ます
 
一生保護活動をする必要も全くないし、たった一匹でもいいです。
 
もしも助けたい命に出会った時に「私には何も出来ない」から入るのではなく
 
何か出来る事があるのではないか、と思っていただけたら嬉しいです。
 
野良猫さんは特別な存在ではありません。
 
皆さんの家族である猫さんたちと何も変わらないんです。
 
皆さんの大切な猫さんたちが外で暮らしている事を想像できますか?
 
過酷な暑さ、寒さ、飢えの中で日々不安や危険と戦っている姿を想像できますか?
 
みんにゃ好きで野良猫になったのではありませんから・・・
 
どうか寒い冬がやってくる前に一匹でも多くの子達がお家に入れますように。
 
 
 
 
 
さて・・・ちょっと話が反れましたが^^;
 
この後もゆきちゃんママを悩殺しまくっていたちゅみ(罪)なオトコウィル
 
この日もまたオヤツを持ってきて下さったゆきちゃんママに
 
 
 
イメージ 8
手からオヤツもらってました~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
ウマウマだにゃ
 
 
 
 
 
 
 
 
そして
 
 
 
イメージ 10
ママありがとにゃ
 
 
 
 
 
 
 
 
と言わんばかりのスリスリ
 
 
 
イメージ 11
ウィル、お家に入れてホントに良かったね
 
 
 
 
 
 
 
ウィルといっぱいお話しながらナデナデしていたゆきちゃんママ
 
お外でもこうやってウィルといっぱいお話しながら心を通わせていったんですよね。
 
 
 
 
イメージ 12
ウィルはちゃ~んとわかってるし覚えてるね
 
 
 
 
 
 
 
っていうのをウィルがしゃべらなくても
 
 
 
イメージ 13
態度でちゃんと見せてくれました
 
 
 
 
 
 
 
なんだか・・・ジーンとしました
 
 
 
 
イメージ 14
ね、ウィル 本当にお利口さん
 
 
 
 
 
 
ウィルが世界一幸せになること
 
それが私たち全員の願いです
 
そしてその為にはどんな努力も惜しまず頑張ります
 
 
 
 
ウィルはこの後もいっぱいゆきちゃんママに甘えてキュン死させてましたよ~
 
そんなほのぼのなショットはまだ続きま~す。
 
 
 
週末はお天気の予報
 
どうかみなさま良い週末をお過ごし下さいね。
 
 
いつも応援ありがとにゃっっっ
\?\᡼\? 17
        みんにゃみんにゃ
       
     幸せになれる日が来ますように
      我が家のみんにゃと一緒に
            
         祈り続けます
 
 
 
 
\?\᡼\? 22
 猫さんのオシャレグッズとママ達のにゃんグッズ作ってます 
 
みなさん、リコメが出来ずゴメンなさい
なかなか時間が取れない中、みなさんのブログを拝見させていただく時間を優先したいと思っています。
でも皆さんから頂く心温まるコメントは全てとても楽しく読ませていただいております。
 

 
 
火曜日にまたウィルに会いに行くと、ケージフリーで
 
 
 
イメージ 1
お気に入りの場所で寛ぐウィルがいました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
足をすっかり投げ出して
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
マッタリリラックスモード
 
 
 
 
 
嬉しい~~~
 
ねーたんが近づいていってウィルって声をかけると
 
 
 
イメージ 4
ちょっぴり眠そうにしながらも
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
ねーたんのこと、じっと見つめてくれました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
ウィルがこんなにも穏やかに
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
安心してくれてるのがホントに嬉しい~
 
 
 
 
 
 
 
 
一緒に過ごさなくなったねーたんの事を忘れて怖がるかと思ったけどそんなそぶりも無く
 
いっぱいナデナデさせてくれました
 
でも当たり前だけどウィルにとっては今は母が一番
 
母とウィルとの超ラブラブっぷりをたっぷり見せつけられちゃいました。
 
 
 
イメージ 8
ウィルくん、こんな風にコロンしてくれて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
お腹ナデナデもいっぱいさせてくれるの
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
そっか~ ウィルいいねーーー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
ウィルの至福の表情を見ていたら
 
 
 
 
 
 
 
胸がいっぱいになりました。
 
 
 
 
 
イメージ 12
こうやってホントはずっと甘えたかったね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
ウィルくん、ホントに甘えん坊さんよ~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
体拭く時に前足持たれたり肉球拭くのをちょっと怖がっていたけど
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
今はほら、もうこうやっても怖がらないの
 
 
 
 
 
 
 
そうねーたんに嬉しそうに話す母
 
そしてそのうち母の不思議歌付きで
 
 
 
イメージ 16
両手を持たれて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
ホホイのホィっっっって
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
踊りまで踊らされても
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
超ご機嫌
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
されるがままで
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
ねーたんにドヤ顔まで見せてくれた
 
 
 
 
 
 
 
ウィルにビックリでした。
 
その後も母に
 
 
 
 
イメージ 22
甘えっぱなしのウィル
 
 
 
 
 
 
二人のラブラブっぷりに目尻が下がりっぱなしだったねーたんです。
 
もう~!おかげで小じわが増えそうよ~~~!
 
ウィル、思う存分いっぱい甘えていいよ
 
母のハートを鷲掴みしているウィル
 
この後いらっしゃったお客様にも悶絶ものの可愛さでノックアウトしてました。
 
その様子は続きま~す
 
 
いつも応援ありがとにゃっっっ
\?\᡼\? 17
        みんにゃみんにゃ
       
     幸せになれる日が来ますように
      我が家のみんにゃと一緒に
            
         祈り続けます
 
 
 
 
\?\᡼\? 22
 猫さんのオシャレグッズとママ達のにゃんグッズ作ってます 
 
みなさん、リコメが出来ずゴメンなさい
なかなか時間が取れない中、みなさんのブログを拝見させていただく時間を優先したいと思っています。
でも皆さんから頂く心温まるコメントは全てとても楽しく読ませていただいております。

 
保護にゃんウィル、母のもとでとっても落ち着いています
 
我が家でやっていた不安鳴きも相変わらずなく、甘えて呼ぶのにニャ~ニャ~言ったり
 
窓越しに外を眺めながらニャ~ニャ~言ってみたりはしている程度です。
 
でも気づいたこと ウィルはおしゃべり
 
話しかけるとニャ~ってお返事してくれます。
 
マイケルもおしゃべりだけど茶トラちゃんっておしゃべりなのかなぁ~
 
すっっっごく可愛いです
 
 
 
 
 
我が家では不安いっぱいだったみたいに書いているけれどリラックスしている時も
 
もちろんあったんですよ。
 
我が家に居た時の様子へちょっぴり日付を戻しま~す。
 
 
 
 
イメージ 2
毎日熱い蒸しタオルで顔や体を拭いていたけど
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
大好きでとても気持ち良さそうにウットリしてくれて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
気持ちいいにゃ~のコロンしてくれたり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
話しかけるねーたんに可愛いオメメでじっと見つめて答えてくれたり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
そのうちウトウト寝ちゃったり
 
 
 
 
 
 
 
他にもきえ~るを使いながらブラッシングもいっぱいしたけどブラッシングも大好きで
 
ウィルはどんどんフワッフワの毛並みに変身していきました。
 
ウィルが不安で鳴いていたからねーたんは一緒に保護部屋で寝ていたけど
 
たまにケージから出てきては
 
 
 
イメージ 6
スリスリ甘えてみたり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
ねーたんの足を枕にしてみたり
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな時間もあったんですよね~
 
でもね、不安で鳴いているウィルといっぱいお話したけれど、そんな時は
 
 
 
イメージ 8
ウィルの表情もなんとなく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
浮かないですよね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
ウィルどうしたの?って聞くねーたんを
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
じーっと見つめたり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
どこかちょっぴり遠くを見上げて考えたり
 
 
 
 
 
 
 
 
ねーたんは「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と「どうしたの?」ばかり繰り返すけど
 
 
 
 
イメージ 13
ウィルはそんなねーたんにちょっぴり困った顔してました
 
 
 
 
 
 
 
 
きっとウィルだってとっても複雑な気持ちだったのだから
 
 
 
 
イメージ 14
ボクだって自分でもわからにゃいにゃ・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
そう思ってたよね。
 
それなのにいっぱいどうしたの?って聞いてごめんね。
 
 
 
 
イメージ 15
ウィルの気持ち、ちゃんとわかってあげられなくてゴメン
 
 
 
 
 
 
 
小さな頭でいっぱい考えていっぱい頑張ってて・・・
 
みんにゃそれぞれのペースがあるのだから、焦らずにそれに寄り添う事がとても大事だと
 
改めてウィルに教えてもらいました。
 
ウィル、ありがとう。
 
 
 
 
 
 
日曜日、無事にウィルルームも完成し実家を後にしたにーたんとねーたん
 
その後は母からマメに可愛い写真付きでメールが来ています。
 
 
 
帰宅して間もなく母からきたメール(絵文字付なのでそれもそのまま^^)
 
 
21時過ぎにお顔を拭きました。とってもおとなしくさせてくれましたよ
その後、いっぱいブラッシング、気持ち良さそうにお腹も見せたりして
ゴロゴロ言ってくれました
手でナデナデもいっぱい、その様子の写真数枚添付します。
21:30近くにまず缶詰あげたら私の目の前で直ぐに完食
続いてドライもあっという間に完食しましたヨン
食後トイレも両方しました。
今、3回位にゃ~と鳴きましたが後は静かでホントにお利口さんで可愛いです
昨夜の残りのオヤツ(カツオバーです)も1本を3つにして私の手から食べましたよ~
 
 
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
 
 
 
 
 
その後も更に
 
 
 
 
食事スペースがちょっと狭くて後ろ足は爪とぎに乗ったままの姿勢で食べてたのがでした
爪も少し磨いてました。今は爪とぎの上で寛いでますがやはりちょっと小さい感じかな~
マイちゃんたちのような大きさのだと良いけどケージのスペースが無いから仕方ないですね。
ベッドは寝るだけならおさまりが良いけど
撫でられて寛いで足を伸ばし体を広げようとすると
やはり小さいわね~
 
 
 
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
 
 
 
とウィルルームについてのコメントも色々
 
 
 
 
 
 
月曜日の朝には
 
 
おはよう昨夜はあのの後、私が起きてたら弱い声で少し鳴きました。
でも和室の灯りを消して戸を閉めたらそのうち静かになりましたヨン
今朝見たら3段目に居て、トイレは大小してありました
缶詰ご飯あげましたが少しつまんだだけで鳴いてます。
多分外でカラスが激しく鳴いてるから気になるのでは?
又落ち着いたら食べるでしょう。
後で、お顔と体を拭きます
 
 
 
イメージ 22
イメージ 23
 
 
 
 
 
 
そしてまたしばらくすると
 
 
あれから間もなくカラスが静かになりウェット&ドライ共に完食
おしっこしてタオルで顔と体拭き。
気持ち良さそうにお腹も見せておっぴろげスタイルしたり
その後ブラッシングしてるとだんだん3段目から私の方に身を乗り出してきて
畳の上に降りました。
リビングとの間は閉め切りに。
にゃ~にゃ~言いながらしばしあちこち探検、窓は閉めてありますが簾を下から
20センチ程巻き上げたら外を眺めてます。
お隣さん側も障子を開けたら伸び上がってお外ウォッチング
大きい爪とぎにも乗ってみたり・・・
私がメールしてると体の周りにスリスリしてきます。
とりあえずケージから出たウィル君の写真をちょっとだけ~
 
 
 
イメージ 24
イメージ 25
 
 
 
 
とそんな感じで・・・
 
母さま、素晴らしいです
 
ホントにありがとう、感謝です
 
様子がとってもよくわかるし、ウィルも凄くリラックスして母にいっぱい甘えて
 
そしてもうケージから出てお外を眺めたり、床に伸びたりを楽しんでます
 
ウィル良かったね~
 
 
 
 
実は昨日またウィルに会いに行ってきました。
 
母が朝晩体を拭きブラッシングしているせいか驚くほどにふわっふわピカピカ男子に
 
ねーたんにもいっぱい甘えん坊してくれて、もう可愛くて鼻血ブーで倒れそうでした。
 
そして昨日はウィルに嬉しいお客様もいらっしゃいましたよ~
 
お客様にもいっぱい甘えん坊して、母、お客様、ねーたん全員をキュン死させている
 
ちゅみ(罪)なオトコ、ウィルの様子は・・・
 
続きま~す
 
 
いつも応援ありがとにゃっっっ
\?\᡼\? 17
        みんにゃみんにゃ
       
     幸せになれる日が来ますように
      我が家のみんにゃと一緒に
            
         祈り続けます
 
 
 
 
\?\᡼\? 22
 猫さんのオシャレグッズとママ達のにゃんグッズ作ってます 
 
みなさん、リコメが出来ずゴメンなさい
なかなか時間が取れない中、みなさんのブログを拝見させていただく時間を優先したいと思っています。
でも皆さんから頂く心温まるコメントは全てとても楽しく読ませていただいております。

 
前記事に沢山の温かいコメントをありがとうございました。
 
皆さんも心配して下さっているであろうその後の様子をお知らせしますね。
 
 
 
まずははっちゃんですが
 
 
 
イメージ 1
いつも通りの元気なご飯催促
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
復活です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
ウマウマでモリモリです
 
 
 
 
 
 
すみません ご心配をお掛けしました。
 
でもボーイズはウィルの移動の夜、キャリーでちょっぴり鳴いていたウィルを心配そうに
 
玄関まで会いにきてくれたんですよ。
 
本当に優しいボーイズに心からのありがとうを
 
 
 
 
 
金曜日から姉と一泊で旅行に行っていた母
 
旅先にも関わらずウィルの件で親身に相談に乗ってくれて随分長電話しました。
 
姉も最後電話に出てくれて「今は色々悩んだりしているだろうけれど後から振り返ったら
 
ウィルの為だけでもなく、色々な面できっと神様が一番良いと思う道を
 
結局は与えて下さったのだ、と思えるはず。
 
お母さんだってウィルと過ごせて幸せだし悪いとか思わずにお願いするのがいいと思うよ」
 
と言ってくれました
 
お姉ちゃんも本当にありがとう。
 
 
 
もともとの予定で母は旅先から夜少し遅くに都内へ帰ってくる予定だったので
 
我が家の最寄り駅で母と待ち合わせする事にしました。
 
ウィルは我が家で普通に夜ご飯を食べ時間まで少しウトウトしてました。
 
ねーたんは色んなグッズを準備し車に積み込んで
 
最後にウィルを洗濯ネットに入れてからキャリーバックに入れ運びました。
 
ウィルはビックリしてちょっぴり鳴いてたけど、母と合流してからは母がネット越しに
 
ウィルを撫でながら優しく声をかけると時々鳴く程度でとっても静かにしていました。
 
実家までは車で約40分くらいの距離。
 
到着は9:30PMを過ぎた頃でした。
 
突然ウィルを迎える事になったので、まずはしまってあったケージを出してきて組み立て。
 
ウィルには1階リビング続きの和室をまずはウィル部屋とする事に。
 
ケージを組み立てたり準備している間、キャリーでずっと静かに待っていたウィル
 
きっと何が起きているか状況がわからず不安だったと思います。
 
ケージは2段ケージで全体的にはいい感じだけど一枚あたりの棚板の幅がすごく狭い
 
これじゃ狭すぎる~~~!ととりあえず
 
 
 
イメージ 4
2枚をつなげて1段ケージ状態でセットしました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
ウィルが不安過ぎないように一応まずは布で覆った状態に
 
 
 
 
 
 
和室は3方向に窓があり明るく一番大きな掃き出し窓側は建物も隣接してなく開放的
 
 
 
イメージ 6
ウィルがケージ内に居ても外を見られるようにと
 
 
 
 
 
 
母が障子を開け、簾を垂らしてくれました。
 
ケージに移ったウィルはもちろんちょっと驚いて固まり気味だったけれど
 
思ったより落ち着いていて、ねーたんが撫でようとすると一瞬だけシャー!したけれど
 
その後は撫でられて段々ベッドの上で体勢を横たえていってくれました。
 
ゆきちゃんママが持たせて下さった沢山のオヤツの中からマタタビ入りのオヤツをあげると
 
手から食べてくれてホッとしました。
 
その後は移動や緊張で疲れたウィルも眠そうにしていたので
 
和室~リビング間の扉をほんの少しだけ開けて様子が見られるようにして
 
小さな明かりだけを残し部屋を暗くして様子をみました。
 
リビングで母とお茶を飲みながらウィルの様子を見守っていたけれど
 
不安で鳴いているとかもないし、日付が変わる頃に二人とも2階の寝室に移動して寝ました。
 
リビングの扉を閉め、でも寝室の扉は開けていたけどウィルの鳴き声等は聞こえてこず・・・
 
ねーたんもやはり気になったので夜中ベッドの中で何回か目が覚めたけど
 
結局一度も鳴いている声は聞こえませんでした。
 
住居の作りのせいで聞こえないか?ウィルが鳴いてなかったのか?はわからないけど。
 
 
 
 
 
和室には
 
 
イメージ 8
父が居るので、父にもウィルの見守りをしっかりお願いして
 
 
 
 
その夜は眠りにつきました。
 
父もきっと「マイケルにソックリな可愛い子が来たね~」と目を細めていたかな?
 
 
 
 
朝起きてウィルのもとへいくとトイレが両方してあってホッ
 
朝ごはんもあげるとさすがに目の前ですぐには食べなかったけど、一人になると
 
 
 
イメージ 7
ちゃんとウェットもドライも完食
 
 
 
 
 
 
とにかく食べて出してくれていればまずは安心なので、それだけで嬉しくてガッツポーズ
 
ウィルの為に用意したグッズだけど爪とぎが大きすぎてケージに入らず
 
そして問題はこの棚板のサイズ
 
こんな感じでねーたんのドジっぷりがチョコチョコあって、あ~あと思っていたところに
 
ウィルの様子を心配したにーたんから電話
 
様子やグッズの不具合などを色々報告していると
 
「今、掃除と洗濯もう直ぐで終わるから終わったら行く」と言ってくれました。
 
やっと取れた休日、疲れてるのに悪いなぁ~と思いつつもにーたん助っ人なら百人力なので
 
来てもらう事にしました。
 
で・・・来てもらうついでに我が家から追加で爪とぎやベッド他も持ってきてもらうように
 
ちゃっかり色々お願いして^^;
 
お昼過ぎに両手にグッズを抱えたにーたんがやってきて母と3人でホームセンターにGO
 
ウィルのケージをカスタマイズするべく材料を買い込み実家に戻りました。
 
 
 
 
にーたんは到着すると
 
 
 
イメージ 9
ウィルのもとに直ぐに行って
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
ウィル頑張ったな~
 
 
 
 
 
 
 
といっぱいナデナデしていました。
 
そして申し訳ないけどウィルには一旦棚板から移動してもらい・・・
 
 
 
イメージ 11
ちょっぴり不満気&不安気なウィル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
にーたんが作業する様子を横で見ながら
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
たまにウトウト
 
 
 
 
 
 
 
ホームセンターでは棚板にするのに新しく指定サイズに板をカットしてもらい
 
既存の棚板に付いている取り付け金物をこの新しい板に移設して使用するアイデア
 
作業を頑張るにーたんもそのうち汗かいてきて
 
 
 
イメージ 14
半袖に着替えて気合十分で作業
 
 
 
 
 
そして・・・さすがにーたん
 
 
 
 
イメージ 15
無事に広々の棚板で2段ケージとなりました
 
 
 
 
 
 
 
平たいベッドを2段目に、1段目にはさくらちゃんが使っていたベッド
 
母が「平たいベッドだけじゃなくて体が寄りかかれて囲まれてる
 
少し立ち上がりのあるベッドがあった方が落ち着いていいわよ~」と言ったので
 
にーたんに持ってきてもらいました。
 
そして我が家のケージ内で使っていた爪とぎも持ってきてもらったので
 
 
 
イメージ 16
無事に設置
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィルはさくらちゃんベッドに入ってもらうと
 
 
 
イメージ 17
やっと落ち着いたようでした
 
 
 
 
 
 
ウィル、お待たせしてゴメンね
 
確かに母の言う通り、こういうベッドの方が
 
 
 
イメージ 18
スッポリハマって落ち着くかな~
 
 
 
 
 
 
 
そしてナデナデすると
 
 
 
イメージ 19
コロンとしてくれて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
気持ちよさそうなお顔も見せてくれ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
お腹もモフモフさせてくれました
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィルルームが無事完成した頃に窓の外を見ると
 
 
 
イメージ 22
空にはとてもキレイな夕焼けが広がっていました
 
 
 
 
 
 
 
我が家の保護部屋の窓はマンションの通路に面しているからスリガラスになっている為
 
外の景色は見えません。
 
実家ならこれから毎日景色を楽しむ事も出来るなぁ~と思い
 
長くお外で過ごしていたのに家に突然入り戸惑っているかもしれないウィルにとっては
 
この環境の方が数倍良かったな~と・・・
 
長い目で見たら移動してきた方がやっぱりウィルの為に良かったのだと思えました。
 
ウィルの為ならと駆けつけてくれたにーたんも含め夜は早目の時間に
 
 
 
 
イメージ 23
母のウマウマご飯を3人で食べました
 
 
 
 
 
 
3人でウィルのこれからに乾杯して
 
 
 
 
思ったより落ち着いていたウィルにホッと一安心し、母にウィルの事をお願いし
 
にーたんと腹ペコボーイズの待つ自宅へ急いで戻っていきました。
 
ウィルは相変わらず我が家に居た時の様には不安鳴きをしていないみたいです・・・
 
やっぱり我が家の閉鎖的な環境がストレスだったのかなぁ~?
 
母からはさっそく沢山の可愛いウィルの写真と一緒にマメに様子がメールきています
 
ウィルはとにかく落ち着いていて母にも甘えているみたい
 
母も可愛くて目尻が下がりっぱなし、赤ちゃん言葉でウィルに話しかけていて・・・
 
そんなウィルの様子はまたどんどんUPしていきたいと思いますので
 
みにゃさま、続きをお楽しみに~

追記 : ウィルルームの植物ポトスを撤去しました!
         コメント下さったROSE様ありがとうございました
 
 
いつも応援ありがとにゃっっっ
\?\᡼\? 17
        みんにゃみんにゃ
       
     幸せになれる日が来ますように
      我が家のみんにゃと一緒に
            
         祈り続けます
 
 
 
 
\?\᡼\? 22
 猫さんのオシャレグッズとママ達のにゃんグッズ作ってます 
 
みなさん、リコメが出来ずゴメンなさい
なかなか時間が取れない中、みなさんのブログを拝見させていただく時間を優先したいと思っています。
でも皆さんから頂く心温まるコメントは全てとても楽しく読ませていただいております。

 
やっと更新です。
 
先日プチ更新で紹介した子、この子との出会いは5月でした。
 
出会ったのは我が家の卒業生一号ゆきちゃんのママのブログ
 
ねーたんも卒業生の里親さんブログはマメにチェックしているけれど
 
ねーたんと同じくらい楽しみにしていてマメにチェックしているのが母です。
 
その時はねーたんより母が先に読んでいて夜突然電話がかかってきました。
 
「ゆきちゃんママのブログ見た?」と。。。
 
「マイケルみたいな茶トラの男の子を捕獲、去勢手術をして泣く泣くリリースしていて」
 
と電話口の母まで泣きそうな声でした。
 
ねーたんもすぐにチェックするとそこには
 
 
 
 
イメージ 1
捕獲器の中で静かに香箱を組んでいる可愛い茶トラの男の子がいました
 
 
 
 
 
 
 
そしてリリースせざる得ないゆきちゃんママの悲しそうなつぶやきと一緒に
 
 
 
イメージ 2
ゆっくりと捕獲器から出て行く茶トラくんの姿がありました
 
 
 
 
 
 
ゆきちゃんママは本当に頑張っていらっしゃって
 
捕獲器まで自分で買って自宅の周りの野良猫さん達のTNRを頑張っていて
 
以前は黒猫の女の子を保護、人馴れさせてから里親さんを探し里子に出しました。
 
卒業したのもつかの間、また黒猫の女の子がやってきて、なんと子猫連れでした。
 
そのうちの一匹の子猫だけはなんとか保護し、その後お世話をしながら悩んだ末、
 
ゆきちゃんの妹になりました。
 
あとのお母さんや子猫は玄関先でご飯をあげながら順番に捕獲し手術をしています。
 
そしてそのパパと思われる子をなんとか捕獲、手術したいと試みていた時に捕まったのが
 
この茶トラの男の子でした。
 
次々に保護したりTNRしたりが続き、一匹はお家の子にしたりという状況で
 
ゆきちゃんがストレスで少し体調を崩した事もあり、
 
ゆきちゃんママは「やはりゆきちゃんを一番に考えないといけないので」と
 
TNRは出来ても保護はなかなか難しいという苦しい胸の内をお話していました。
 
だからこの子も泣く泣くリリース。
 
 
 
 
母もねーたんもマイケル似のこの子を見たらいてもたってもいられず
 
でもその時にねーたんの家にはニニコさん(仮名いっちゃん)がいたし
 
我が家で預かりも出来ないけど、もしもニニコさんが卒業するまでは母が預かれるのなら、
 
と母に提案してみました。
 
すると母は二つ返事で預かると言い・・・
 
それならば、とゆきちゃんママに連絡をするととても喜んで
 
また捕獲を頑張るという事になりました。
 
そこでねーたんは実家にケージや爪とぎ、ご飯やトイレなど一式グッズを用意手配しました。
 
その時にマヌケなねーたんはグッズを買うのにネット通販詐欺にあったのですが^^;
 
受け入れ準備は整ったものの、茶トラくんがそんなに簡単に再捕獲できるわけもなく
 
待ちの状態で月日は流れ、その間ねーたんはニニコさん後にも他の保護猫さんたちのことを
 
やっていたのはブログで書いてきた通りです。
 
茶トラくんがもしも保護出来た時に我が家に他の子が居ても
 
とにかく母の所へと居場所があったから安心して他のみんにゃを受け入れる事が出来ました。
 
そしてついに「その時」がきたのです
 
ゆきちゃんママはとにかく仲良くなる作戦を頑張り「ウィル」っていう可愛い名前をつけて
 
毎日美味しいご飯をあげて・・・
 
最近ではコロンコロン転がって撫でられるようになっていて
 
最後は捕獲器ではなく玄関の中に美味しいオヤツで呼んでキャリーに入れて
 
捕まえたというから驚きです。
 
そして保護猫さんがタイミング的にいなかった我が家なので
 
我が家にダイレクトにやってきたという訳です。
 
 
 
ウィルは今回、また検便(問題なし)&駆虫やウィルスチェック(マイナス)などの
 
医療ケアもゆきちゃんママのもとで行って、我が家にやってきました。
 
推定3~4歳というからちょうどマイケルを保護した時と同じくらいの月齢です。
 
大きさもマイケルと同じくらい立派な大きめ男子、丸顔がとっても可愛いです。
 
恐らくずっと野良猫さんだったのだろうという先生の見解です。
 
野良生活が長いわりに攻撃性もなく、おっとりさんです。
 
でも突然捕まり、移動して知らない我が家にやってきて、知らない人に囲まれ・・・
 
 
 
 
イメージ 3
当然不安でいっぱい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
最初は必ず一回はシャー!を一応言ってみて触られるとビクッとしてました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
ずっとお外で頑張ってきたアンヨ
 
 
 
 
 
 
 
 
きっとこれからは柔らかいピンクの肉球になっていくからね
 
ドキドキしながらも
 
 
 
 
イメージ 6
撫でさせてくれて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
ちょっぴり気持ちいいかも、っていうお顔まで見せてくれました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
そして時々この人大丈夫かな?って薄目を開けて確認
 
 
 
 
 
 
 
ウィルのドキドキが手に伝わってきました。
 
そして
 
 
 
 
イメージ 9
ウィル、だいじょうぶ、大丈夫だよ
 
 
 
 
 
 
 
もう一人で頑張らなくていいよと声をかけながら
 
 
 
 
イメージ 10
お腹を撫でると撫でさせてくれて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
ちょっぴりコロンとしてくれました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
ウィルのこのお手手をウィルを愛して大切にしてくれるアンカーへ
 
 
 
 
 
 
きっとちゃんとつなげるからね
 
一緒に頑張ろう
 
それまでウィルは
 
 
 
 
 
イメージ 13
のんびり過ごしていてね
 
 
 
 
 
 
 
少しずつでいいからにゃかよくなっていこうね。
 
 
 
 
そうやって始まったウィルの我が家での生活だけど
 
初めてお家に入ったであろうウィルはその環境にとまどいを隠せない様で
 
初日だけは固まっていたのか少しの夜鳴きだけだったけど
 
ここ3日は毎晩5~6時間ずっと鳴き続けています。
 
今までの保護猫さんでも一週間くらいは不安鳴きする子はいたけれど
 
それも1~2時間で、しかもずっと鳴いているのではなくて、その間時々鳴く程度でした。
 
でもウィルはとにかくほぼずっと鳴き通し・・・
 
本にゃんも疲れると思うけれど自分でもどうしたらいいのかわからないのだと思います。
 
ねーたんは保護部屋で一緒に寝たりしてみて、大丈夫だよ~と声をかけたりするけれど
 
鳴いている時のウィルはそれどころじゃない感じで・・・
 
ほぼ3日間眠れない状態が続き、さすがに仕事にも行けない感じになってしまい。
 
そして恐れていた事態が、ボーイズへの影響。
 
ボーイズも鳴き声と恐らく睡眠不足の影響かなのか?
 
食いしん坊はっちゃんがご飯の食べが悪くなってしまいました。
 
以前はなまるクンの時にリビングにケージを置いて過ごしたら
 
やはりはっちゃんがご飯を食べなくなってしまったけど、見ていると同じ感じです。
 
その経験から成男子保護猫さんとボーイズは一緒は難しいとわかっているので
 
その後は成猫男子は保護部屋に隔離で過ごしてもらっているけれど
 
今回のケースだと隔離していてもどうしようもなく・・・
 
ウィルの不安鳴きもだんだん収まるとはわかっているけれど
 
あとどれ位で収まるのか読めず、ねーたんだけなら頑張るべきだけど
 
さすがにボーイズに影響が出るとなんとかしなくてはという事になり・・・
 
しかも今タイミング悪くにーたんが仕事がとても忙しく毎晩帰りが遅く
 
今日も出勤しているほどで、ねーたんが保護部屋に入り浸っているので
 
はっちゃんが淋しくて情緒不安定気味なのがわかります。
 
保護部屋を出ると鳴きながら小走りで後を付いてまわる感じで・・・
 
はっちゃん、ゴメンね。
 
強力助っ人にーたん不在でボーイズのケアが行き届かないのも痛いタイミングです。
 
 
 
 
色々と悩んだ結果、事が深刻にならないうちにウィルは母の元へ今夜
 
移動してもらう事にしました。
 
環境に馴染もうと必死なウィルを移動、また新しい環境へと連れて行くことが
 
本当に申し訳なく正直今でもまだウジウジと迷っています。
 
ひょっとしたら今夜から変わっていくかもしれないとか色々思って。
 
でもとにかく先は誰にも読めないのと
 
無理をすれば結局みんにゃに可哀想な事態になってしまう事にもなりかねないと思い・・・
 
とっても不本意だし悔しいけれど決断しました。
 
 
 
 
 
ウィルの立場になってみたら、突然外から家に入れられて、知らない環境と人のもとで
 
不安なのは当然で。
 
そして人間と同じで順応性の高い子もいれば、時間のかかる子もいる。
 
その不安を黙ったり塞ぎこんだり威嚇して表す子もいれば
 
鳴いて発散しながら気持ちを落ち着かせる子もいる。
 
わかって欲しいのはウィルは困った子でも何でもなくウィルは何も悪くなく
 
ただ必死に今不安と戦いながら努力しているという事です。
 
友人のアドバイスも受けたら、中には家に他の自分の知らない場所があるのが不安な子もいて
 
家中をフリーにしてみたら納得して落ち着く子もいるそうです。
 
でも我が家ではボーイズを思うとそれさえも出来ないのです。
 
自分のキャパの狭さを痛感し、ウィルに負担をかけることが本当に申し訳ないです。
 
母のもとなら、馴れたらフリーにする事も出来るし、我が家と違ってお留守番もなく
 
スペースも広くむしろゆったり寛げてよほど快適だとは思います。
 
手元にウィルがいないと思う様にウィルの事を伝えられないかもしれないという
 
歯がゆさもあるけれど、何より行き先がとても愛情深くきめ細かい母のもとである事は
 
ねーたんにとってはとても救いです。
 
母は「もともと来るつもりで全部用意していたんだし」
 
とウィルが来るのを楽しみにしていてくれて
 
「のんびり仲良くなってゆっくりしてもらうわ」と言ってくれ
 
「どんなに鳴かれてもお母さんは一人で気ままだし仕事しているわけじゃないし
 
眠ければお昼寝すればいいけど、2階に行って寝室で寝ちゃってたら気づかないわよ」
 
と言ってくれて・・・
 
母に本当に感謝です。
 
母はきっとチョコチョコと様子をメールくれるだろうし
 
もちろんねーたんも出来るだけ行くつもりです。
 
ウィルがいる事で母とも頻繁に会う事になりそれも良いことなのかも、と
 
一人で過ごす母がウィルが居る事で楽しい時間が過ごせいいのかも、など
 
ポジティブに考えようと思います。
 
そして必ずウィルが幸せに暮らせるずっとのご家族とお家を探すからね
 
今回は母と連携して頑張りたいと思います。
 
 
 
 
きっとねーたんと離れたらねーたんの事は忘れちゃうんだろうなぁと思いつつ
 
今日は入念に体を拭いたりブラッシングをしたりして過ごしました。
 
そうしながらも、やっぱりウィルに申し訳なくて涙が溢れてしまいました。
 
ヘタレ、ですね。。。
 
 
 
事情を知らないウィルは体を拭かれてご機嫌で
 
 
 
 
イメージ 14
ナデナデされたり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
お腹モフモフさせてくれたりしました
 
 
 
 
 
 
一番大変なのはウィルなのにね。
 
そんな状況となってしまいましたが、どうかウィルの事、
 
温かく見守ってまた応援していただけたら嬉しいです。
 
ウィルと一緒に今夜はねーたんも母のもとにお泊り
 
明日一日、母と一緒に様子を見守りたいと思います。
 
 
 
いつも応援ありがとにゃっっっ
\?\᡼\? 17
        みんにゃみんにゃ
       
     幸せになれる日が来ますように
      我が家のみんにゃと一緒に
            
         祈り続けます
 
 
 
 
\?\᡼\? 22
 猫さんのオシャレグッズとママ達のにゃんグッズ作ってます 
 
みなさん、リコメが出来ずゴメンなさい
なかなか時間が取れない中、みなさんのブログを拝見させていただく時間を優先したいと思っています。
でも皆さんから頂く心温まるコメントは全てとても楽しく読ませていただいております。
 
 
 
 
 

このページのトップヘ